Loading...
マイナビ2022

先輩社員
の声

2016入社  
工場長付

宮澤 貴嗣

金沢化成を選んだ理由

金属の樹脂化に惹かれる

入社する前は、金沢化成の名前すら聞いたことがありませんでした。
昔からものづくりに興味があり、合同企業説明会で製造業の会社を探していた際に、偶然見かけたのが出会いでした。
いざ説明を聞くと、会社のメインテーマが「金属の樹脂化」であるとのことでした。
生まれて初めて聞いたワードでしたが、金属を樹脂に置き換えるということは、生産時のエネルギーが低減され、同じ形でも軽量化・低コスト化、防錆等のメリットが多く、非常に将来性のあるテーマだと感じたことを覚えています。
また、海外に進出せず、群馬県で奮闘し続け、国内オンリーワン企業を目指すという企業の方針も魅力に感じました。
会社見学会に参加した際には、社員の方々の爽やかな挨拶や仕事をしている雰囲気、そして先代社長の熱意溢れる社訓の説明を受け、この会社にしようと決めました。

業務内容

利益の追求

私の仕事は製品を作り直接的に「売上」を生み出すのではなく、
より効率良く生産する為に改善を行い、今までよりも多くの「利益」を生み出す為の仕事をしています。

簡単に考えれば、利益とは売上からコストを差し引いた値である為、より利益を生み出すには、 売上を上げるかコストを下げるかの2通りしかありません。
私の主な仕事は後者であり、今までと同じ時間・労力でより多くの良品を生み出す為の工夫を行います。
例えば1サイクルで1個の製品が完成していた工程を、同じ1サイクルで2個完成させる方法の確立や、人が手作業で行っていた工程を、機械に置き換えることで生産効率を向上させています。

「時は金なり」という言葉がありますが、企業の生産活動ではまさにその通りであると思います。
1日の労働時間内にどれだけ多くの良品を作ることが出来るか、その為に何が出来るかを考え、利益の追求を行っています。

仕事をする上での自分ルール

毎日合格点以上

私の自分ルールは、「毎日合格点以上」です。例えば1日の合格点を80点以上とすると、週5日稼働なので、一週間の合格点は400点以上となります。
学生の頃はその日の「気分」によって120点の日もあれば30点の日もありました。
120点の日が3日と30点の日が2日でも、一週間の合格点以上となりますが、一人のプロとして働く社会人には、合格点以下の日が一日でもあってはならないと考えています。毎日合格点以上を継続する為には、睡眠時間などの体調管理、出社してからのスケジュール管理、ONとOFFの切替え等、自分の管理を自分で行う必要があります。
ここまで出来てやっと社会人としてのスタートラインに立つことができ、仕事をする権利を得ると考えています。 社会人として、毎日合格点以上を出すのは当たり前の事ですが、それを継続することこそ難しく意味のある事だと考え、自分ルールにしています。

印象的だった仕事

仲間と行うものづくりの愉しさを知った

4部品を組み合わせて1つの完成品になる製品があり、それらを組み立てるのに必要な装置を、機械メーカーに頼むのではなく、自社の社員のみで作製し、会社から努力賞を頂いたことです。
従来は手作業で組立てていた為、必要な部品の組み忘れや手間がかかることにより、非常に生産能力が低いという問題点がありました。
作製した装置では、必要な部品が無ければ装置が作動しない工夫を施し、絶対に不具合品を流出させない仕組みをつくりました。また、部品を装置にセットし、ボタンを押すだけで完成品にすることが出来るようになり、作業時間を70%短縮することが出来ました。
私には装置を設計する能力も無ければ、部品を加工する能力もありません。しかし、実際に作業する際、どうすれば効率よく良品のみを生産することが可能になるのか、考えることは出来ました。
そこで考えた案を精一杯先輩社員に伝え、全員が納得した上で各自の役割を果たし、満足のいく装置が完成した時には、仲間と行うものづくりの愉しさを改めて実感しました。
同時に、一人では絶対に仕事を完成させることはできないことを学び、非常に印象に残っています。
 

先輩社員
の声